2012年4月アーカイブ

もう先週になるのかな?京都の祇園の暴走事故・・・いや今や事件という方向にかわりつつありますね・・・。

 

これは「てんかん」という病気・・・昔は「三大精神病」の一つと言われていまして、このてんかんの患者さんが引き起こしたと言うことはわかっているそうなんですが、発作が起きている状態で、京都の狭い路地をこんなスピードで走れるのか?と言う事が問題視されているそうなんです。

 

薬剤師の一人としても、これはやはり身近な問題の一つなんですよね。

患者さん自身も辛いでしょうし、もちろん事故に遭遇してしまった方達はもっと悔やみきれないと思います。

てんかんに対するお薬は様々なものがありますが、やはりこういった事故を起こさないようにするには「法律」の改正が求められますよね・・・。

CROとSMO

ドラッグストア、病院はもちろん治験(CRA・CRC・QC・DM)、R&D(研究・開発)、薬事申請、管理薬剤師、医薬品情報管理業務、MRなどの求人情報から、あなたの能力に合ったしっくりくる新天地をお教えします。
それから、「ブランクOK!」「研修制度が整った」「カムバック支援プログラムがある」など、再就職を支える求人も多数抱えております。
近年は調剤薬局や大学、リクルート会社が、再就職希望者を対象に「処方箋の見方」、「薬歴記入(SOAP形式)」、「投薬・服薬指導」、「疑義照会」などを教える講習会も開かれています。
加えて求人募集ならではのサービスとして、「日経DI(ドラッグインフォメーション)」などの専門誌や通常の転職サービスでは公にされていない非公開求人が多数あることも長所です。
求人の募集背景や求める人材像、職場の雰囲気、休日など個人としての応募ではわからない情報も手に入りますので、「働いてみたらイメージと異なっていた」という入職後に起こりうるトラブルを極力起こらないように抑えることが可能です。
加えてまだあるメリットは、希望の転職先が見つかったときに、業界に精通した特化した専門家が、日取りのやりとりをはじめ、給料や業態、勤務形態等の待遇面での交渉を本人に代行して行ってくれるというポイントです。
あなたは今しているお仕事を継続しながら、希望条件にマッチした転職先を紹介してもらうことができます。
リクルート会社=キャリア10年以上で即戦力が期待できる人材だけが登録する、というイメージを持つ人もいらっしゃいますが、必ずしもそうではありません。
仕事をするようになって2、3年目の方やアルバイトや短期で働きたいと見据えている方も手軽にご利用になることができます。
この道のプロであるコンサルタントのカウンセリングを受けてみると、自分では「大したことない」と感じていたそれまでの社会人ライフの中から、武器を引き出してくれるに違いありません。
ぜひご自身に合う専門家に出会って、可能性を広げてみませんか。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク