2013年5月アーカイブ

先日私の勤める薬局の近くにもあるうどんチェーン店「丸亀製麺所」で、お客のお皿に敷いてある「す」の裏がかびかびだったという話がニュースになっていました。

 

こういう事って、確かに良くはありませんが、噂程度で済んでいたもの、それが個人的なブログなどで、また写真付きで紹介されて、問題が大きく、またかなりの信用に影響する昨今。

良いのか悪いのか。。。

おかげで?その近所の丸亀製麺所は空いている様な気がします(汗)。

事実それ以降私も行っていない。

 

渋谷だったかな?同じく丸亀製麺所を覗いたら、がらがらだった。

こういった信用問題。。。飲食業界、大変な時代です。

でもあんまり情報に振り回されるのもどうかな?なんて思います。

 

皆さんはどう思いますか?

薬剤師の年収平均は、統計で見ると、おおよそ500万円前後と言われております。 しかし、もちろんその中には、年収が400万円の薬剤師がいれば、尚且つ1000万円という薬剤師も存在します。 つまり、薬剤師の年収は、就職先により異なり、非常に高収入を得られる方もいれば、得られない方もいる、というのは事実なのです。

ですから、高収入を本気で狙うのであれば、大学選びから、まずは慎重に選んでいく事が、今後薬剤師になる方には、大切な部分だと思います。 薬剤師は、今後過剰化し、需給のバランスも悪くなる、ということは言われておりますから、これから、薬剤師資格に向け、大学を選んでいこうと思う(既に決められているとは思いますが‥)場合は、大学選びから、慎重に選択しておく事が、高収入の薬剤師職を手にできる秘訣でもあるのです。

つまりこの場合は、各大学薬学部の卒業生就職状況をチェックして、進学先を絞り込む、というのが、将来的に高収入を実現するか、否かが分かれる事となります。

こうした、薬剤師の収入問題ですが、薬剤師の年収は、本来、就職先により異なるというのが事実です。 病院薬剤師における月収平均は、おおよそ20万円~という事になり、多くても25万円前後というのが一般的な収入となります。 病院薬剤師における年収は?という部分は、おおよそ400万円~500万円の間ということになります。

続いて、薬局は、最低22万円~となり、平均にして病院薬剤師と同等か、多い場合では30万円前後というとこと。 年収も、そのため、病院薬剤師よりは、少し高くなり500万円前後になる場合もあります。

薬剤師の年収、月収を見る限り、比較的、高め傾向にあるのが、ドラッグストア、製薬会社への就職で、製薬会社に就職し、そのスキルを高めていく、会社、企業へ貢献できる質の高さを持てば、当然1000万円という収入も夢ではありません。 このように、薬剤師の年収は、やはり就職をする場所により異なり、その差も大きくなる事は、確かですが、薬剤師の資格を取得した、という事だけに驕らず、向上心を持ち、常に薬剤師の質を高める努力をする事により、希望の年収、希望の就職を果たせる事のできる職業ですから、やはり『資格+α』の何かをみつけ、薬剤師の質をどんどん高める努力をする方が、年収面、収入における目的を果たせやすくなると思います。

ただ、今後、薬剤師を目指す方は、薬剤師として『それなりのポスト』を目指す場合は、やはり『大学選びから慎重』に検討していく事は必須です。 まあ転職するにしてもこちらの薬剤師年収のサイトなどはチェックした方がいいでしょうね、

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク